咳が止まらない 原因 対処法

咳が止まらない

咳が止まらないとつらいですね。風邪を引いた後、熱や鼻水は収まっても咳だけが長引くことがあります。
特に夜布団に入ってようやく寝ようという時に咳で眠れなかったりすると睡眠時間も奪われ、回復するまで長引いてしまう悪循環に陥りますね。

 

このサイトではそんな長引く咳の原因や対処法、止め方について、症状別・方法別に知識をまとめてあります。

 

 

夜中咳が止まらない原因

咳が止まらない原因は複数あります。
突発的に空気と一緒に異物を吸い込んだと感知して吐き出そうとする咳は、異物が出るか飲み込まれるまで止まりません。

 

また、体内に侵入した菌やウイルスを追い出そうとする咳は、体内の中の抵抗が治まるまでは咳が止まりません。

 

季節や環境が大きく影響しますが、具合が悪いと感じないのに夜中に止まらない咳は睡眠を妨害する原因にもなり、翌日の体調にも悪影響を及ぼす厄介なものです。

 

その原因は、室内の環境を見直すことで分かり、解決に繋がります。

 

まず、夜中に寝返りを繰り返しながら布団の埃を吸い込むことは当然ですが、起きている時とは違い、呼吸による喉の渇きは無意識に起こります。

 

また鼻呼吸がし辛い人は口呼吸で更に喉が乾燥します。

 

これが夜中に咳が止まらない原因としては多いでしょう。
日中は布団は掃除機で吸い取るようにし、夜は加湿した環境で睡眠するのが一番だと考えますが、ここで厄介な別の原因があります。

 

それは、空気中のカビの存在です。
壁や加湿器の中にカビが発生したまま湿った空気にのって部屋中に広がることもあります。
これも夜中に咳が止まらない原因として考えられます。

 

カビは埃のようには見えませんので一番厄介です。

 

根本的にカビを取り除く掃除や、カビを防ぐ対処をしなければなりません。
明らかなカビが発生していて根絶できない場合は、肺に問題が起きる前に専門業者に除去依頼することが賢明です。
あらゆる場所の清潔に配慮する必要があります。

Sponsored Links
当サイトでは、咳が止まらないときの対処法や、咳が止まらなかった体験談などを更新していきます。


Sponsored Links

2017/03/01 21:26:01 | 咳を止める
乳酸菌が風邪の予防に良いという話をよく聞くようになりましたね。咳が出る原因はいろいろありますが、そもそものきっかけは”風邪”だったという人も少なくないかと思います。そんな風邪に効くという乳酸菌には、色々な種類があります。?乳酸菌の中でもラブレ菌やガゼリ菌などは、メーカーでもデータを取って公開しているので、特に良さそうだといえますね。↓ラブレ菌を含む飲料の継続摂取によるインフルエンザ罹患率の低減を確認 ガセリ菌SP株とビフィズス菌SP株にはこんな働きがありますもちろん医薬品じゃないので、「風邪に効く!」とまでは謳えないもどかしさもあるとは思うのですが、これらのデータなどからは、メーカの「風邪予防...
2016/07/01 10:24:01 | 体験談2
私はもともとアレルギーがあるせいか、時々咳が止まらなくて困る時があります。高校の卒業式の途中で、どうにも咳が止まらなくなってどうしようかと思ったこともあります。何とか治まって大丈夫でしたが、今でも電話中に咳が止まらなくなって、かけなおさせてもらうということがよくあります。本当に苦しいです。ここで咳き込んだらまずい、と思うときに限って咳き込んでしまいます。のど飴は、必需品です。でも、飴をなめると逆にむせて咳き込んでしまうこともあります。急に咳が止まらなくなるのは、本当に悩みの種です。季節の変わり目には、夜咳が止まらないこともよくあります。2,3年前にあまりにもひどいので、呼吸器科が専門の病院に診...
2016/06/17 20:27:17 | 体験談2
妊婦中期の頃、夜眠りについて30分ほど経つと急に咳が出始めました。咳が止まらないので、子どもが起きないように別室で椅子に座って咳を止めていました。少し落ち着き、布団に入るとまた咳が止まらない。結局、椅子に座ったまま朝を迎える日々を送りました。妊婦健診の際に、お医者様に咳止めを処方してもらいました。しかし、その薬を飲んでも一向に咳は止まりませんでした。飲むとひたすら眠くてたまらない。結局、薬を飲みきっても咳は治りませんでした。咳をすることでお腹の赤ちゃんに悪い影響はないだろうか、もしかするともっと大きな病気かもしれない、肺炎だったり、結核かもしれないなど不安ばかりが頭をよぎりました。昼間にも咳が...
2016/05/29 16:13:29 | 体験談2
私が咳が辛かったのは鎖骨骨折した時です。鎖骨と一緒に左胸の肋骨も一本骨折しており、目に見えた被害はこれぐらいですが体のあちこちに打ち身がある状態でした。鎖骨骨折は両肩にベルトをつけて保存療法での治療になったのですが(肋骨は自然に治るので放置)、このベルトで姿勢がとても変になったんです。普段から胸を張った姿勢を心がけたり、寝る時は丸めたタオルを背中にひいて寝たりする必要があったからか、喉の気道が確保しずらくなってしまいました。原因は打ち身から来てるのか、妙な姿勢から来てるのかわかりませんが、咳をすると体の内側からものすごい痛みが走るようになったんです。寝てる時は変な姿勢になってるからか、息苦しく...
2016/04/08 18:56:08 | 体験談2
妊娠中の出来事です。六月が予定日の赤ちゃんを妊娠していて真冬に風邪を引いてしまいました。妊娠中なので、ほとんど薬も飲めない状態…喉の痛みから始まり発熱までは何とか自力でやり過ごしたのですが、咳だけが約一ヶ月ほど長引きとても辛かったですね。喉が乾燥すると咳に繋がるので常に白湯を冷ましたものを持ち歩き乾く前に喉をしめらせるよう飲み、カロリー控えめののど飴も持ち歩きました。そして家でいる時は生姜湯を飲み、体を温めて過ごすように心掛けました。妊娠中は咳き込むと特に辛かったですね、咳が続き過ぎておなかや肋骨あたりにも響くようにもなり、痛みも生じるようになっていました。そんなこんなで約一ヶ月ほど長引いた咳...
2016/03/28 13:11:28 | 体験談2
自身では風邪を引かない様に気を付けていても、毎年家族の誰かが風邪を引いたら最後、激しく続く咳に悩まされます。一度咳が出始めると、落ち着くまでエンドレスに続く咳。医者でも苦戦される症状だそうで、最終的にはステロイド剤を増やされる羽目になります。ステロイドが増やされても、少量の血を吐く事がなかなか治まらず涙する日が過ぎていきます。風邪の咳、それと同時に咳喘息・急性気管支炎を患い、薬地獄が始まり、持病の自己免疫疾患までも悪化してしまう始末です。気管支拡張剤、ステロイド、ありとあらゆる薬を処方されます。咳が落ち着く事を待つのみなのですが、完全に治りきるまで約二カ月程かかります。その間も吸入に通院したり...
2016/03/12 16:37:12 | 体験談
5月も末になると、会社の研修でお取引先を見学に行ったりする機会があります。そうしたある年、ポカポカ陽気で暖かだったため、春らしいきれいな色合いのシャツブラウスで伺いました。今から思えば、殺風景な建物に、にぎやかに女の子達が大勢訪れるのはなかなか華やぎあるものですが、余計なおしゃれ心でした。そういう心づかいは、ほかの女性にまかせておけば良かったのです。この日は日中ということもあったせいか、手荷物になるのをためらい上着を持たなかったのが失敗でした。知らず知らず喉が冷えていたらしく、翌日以降ひどく腫れはじめて咳が出るようになり、それが止まらなくなってしまい、ついに気管支炎をおこしてしまいました。こう...
2016/03/04 22:22:04 | 体験談
当時私は仕事を解雇され恋人とも別れ、心身ともに疲れ果てていました。弱り目に祟り目とでもいいますかそんな折に高熱を出し寝込んでしまいました。風邪と言いましても色々ありますが私の場合は体中が関節痛、鼻水も止まらない。問題の咳は最初は出なかったのですが1週間ほどして熱は下がりはじめたころ出始めました。咳は風邪のひく直前のサインだと言われていますしある意味安心していたのですが、咳をする回数がどんどんひどくなっていきました。特に朝と夜が辛く、咳の音も1階から2階に聞こえるほどの音量で咳の後に黄ばんだ痰が出ます。前屈みにしていると咳の量が減るのを発見してからは楽にはなりましたが問題は寝るときです。寝転んで...
2016/02/15 23:00:15 | 体験談
この話は今から10年ちょっと前のことになります。当時、自称ヘビースモーカーだったので、健康を顧みず1日に3箱近くタバコを吸っていたのです。もとからタバコ好きで、さらに仕事のストレスもあって暇さえあれば煙をぷかぷかしていました。そんなある日、咳をしている自分に気が付いたのですが、最初は軽い風邪ぐらいにしか考えていませんでした。ですが、ひと月経ってもふた月経っても咳は治まる気配がなく、それどころか日増しに強くなっていくのです。その後も咳の猛威はとどまることはなく、話をしようとするだけで気管支あたりに痒みを感じて、強い咳が出てくるようになりました。病院嫌いではありましたが、さすがに危機感を感じて病院...
2016/02/10 14:52:10 | 体験談
これは知人にあった出来事です、にしても本当にこういう事ってあるんだなと驚いてしまったのも事実です。話の最初は私がぎっくり腰をやってしまったことでした、ちょっと無理をしてギックリやってしまったのです。無理するからそうなるんだ、と笑った知人に、くしゃみでもなる人っているんだって、とちょっとむきになって言い返したのを覚えています。ちなみに2人とも、運動に関する仕事をしているので、筋肉は作ってあるものの無理も多いわけです。それから2週間くらい経って、私の腰がよくなりつつあった頃、その知人は風邪を引いてしまったのです。喉風邪らしく、咳が止まらずに苦労していましたが、仕事も休めないのでマスクして頑張ってい...